虫歯治療 なるべく削らず、歯を守る

歯を守る治療

「なるべく歯を削りたくない」
「なるべく歯を抜きたくない」
「歯医者が怖くてずっと歯を治せなかった」

当院では、マイクロスコープやう蝕検知液を用いて削る量を最小限にするほか、レーザーや笑気ガスなども用いて、患者さまになるべく痛みを感じにくいような工夫を多く取り入れ、身体に優しい治療を心掛けています。

 

マイクロスコープ

歯を守る治療

マイクロスコープとは脳外科や眼科、耳鼻科などといった医科の分野では30年以上前から使用されている手術用の顕微鏡です。

マイクロスコープを使用することで、肉眼の21.3倍の拡大視野で治療を行うことができるため、虫歯の部分とそうでない部分をしっかりと見て確認しながら、削り残すことなくかつ最小限の虫歯部分だけを削り取ることもできます。

また、つめものや被せ物を入れた際も、マイクロスコープで補綴物がしっかりと歯にフィットしているかどうか、段差や隙間がないかどうかを厳しくチェックすることで、せっかく治療した歯が再び虫歯や歯周病になってしまう確率を減らすことができます。

ただし、保険で使用される銀歯などの材料は、入れた時は段差なくフィットしていても経年により劣化し、隙間や段差が生じる可能性がありますので、定期的な検診と入念なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

 

このような治療でマイクロスコープを使用します。

根管治療

歯を守る治療

根管治療とは、歯の根の中にまで細菌が感染してしまっている場合において、その細菌を取り除き、管の中をキレイに清掃する治療を言います。

歯の根管内は非常に暗くて狭く、かつ複雑に枝分かれした構成をしているため、従来までは歯科医師の勘と経験に頼った手探りの処置をするしかありませんでした。

しかしながら、このような従来の方法ではどうしても細菌や汚れを完全に取りきることができず、中で再び細菌が繁殖し、症状が再発してしまうことが多かったのも事実です。

そこで当院では、マイクロスコープを使用してしっかりと目で確認しながら確実に汚れを取り除いていくことで再発リスクを減らすよう努力しております。

※マイクロスコープを使用した根管治療は、一部保険適用外となるものもありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

ヒビ・破折の確認

歯を守る治療

「虫歯や歯周病ではないのに、歯が痛む」
「歯が痛いのに、歯医者で検査しても特に異常がないと言われた」

これらの症状はもしかしたら、歯の根にヒビが入っていたり、割れてしまったりしていることが原因かもしれません。

歯の根にヒビが入ってしまうと、たとえ肉眼では見分けがつかないようなミクロン単位のヒビであってもそこから菌が侵入し、痛みや腫れを引き起こす原因となります。

また、歯のヒビはCTやレントゲンなどでは発見することが難しいため、マイクロスコープでの検査が必要となります。

ヒビや破折が生じている場合は抜歯しなければいけないケースもありますが、早い段階で発見し、対処することで抜歯せずに歯を残す治療を行うことも可能です。

 

精密補綴治療

歯を守る治療

歯と補綴物(つめものや被せ物)の間に隙間や段差があると、その隙間から細菌が入り込み、つめものや被せ物の下で再度虫歯が繁殖してしまうことになります。

また、被せ物の場合も、歯や歯茎の間に隙間が生じているとその部分に汚れや細菌がたまりやすくなり、歯周病を引き起こしてしまったりもします。

そこで当院では、補綴物を入れる際にマイクロスコープを使用し、そのような段差や隙間がないかミクロン単位でチェックを行っております。

これにより、より高いレベルで虫歯や歯周病の再発を予防し、歯を守ることが可能になります。

※ただし、保険で使用される銀歯などの材料は経年により劣化し、だんだんと隙間や段差が生じてくる可能性があります。

 

歯周病治療

歯を守る治療

肉眼では確認できないような歯周ポケット内にたまった汚れや歯石も、マイクロスコープを使用することでしっかりと確認することができます。

また、歯周病が進んでしまい外科手術が必要になった際も、マイクロスコープを用いて手術を行うことによりミクロン単位での治療を行うことができるため、体への負担も抑えながら精度の高い治療を行うことが可能です。

 

う蝕検知液

歯を守る治療

う蝕検知液とは、虫歯になっている部分のみを染め出すことができる薬剤です。

一見小さな虫歯に見えても、中で虫歯が進行しており患者さまご自身が思っている以上に削り取らなくてはいけない場合もあります。

そのような場合にはこのう蝕検知液を使用して実際に虫歯になっている部分を染め出し、口腔内カメラなどを用いて患者さまと虫歯部分を相互確認したうえで染まった部分のみを削り取るようにしております。

少しづつていねいに削っていきますので、多い時には10回以上、患者さまと虫歯部分を確認しながら染め出し・削り取りの作業を繰り返し治療をすすめていきます。

 

Nd:YAGレーザー

歯を守る治療

レーザー治療は痛みを和らげる効果だけではなく、その殺菌効果により治療後の炎症を抑えたり、傷の治りを早くする効果も期待できます。

初期の虫歯や歯周病、知覚過敏や口内炎など、さまざまな分野において活用することができます。

必要最低限の治療で済みますので体にも優しいほか、副作用もございませんので小さなお子様やご年配の方、妊娠中の方でも安心してご利用いただけます。

レーザー治療のメリット

  • 痛みがほとんどないため、麻酔を使わずに治療ができる。
  • レーザーの止血効果により、出血を抑えた治療ができる。
  • 消炎・鎮痛効果により、治療後の痛みや炎症を抑えることができる。
  • レーザーには殺菌効果もあるため、処置後の治癒が早い。
  • 副作用がないため、高血圧や心臓病の方、妊娠中やアレルギーをお持ちの方でも、安心して処置を受けることができる。

 

笑気吸入鎮静法

歯を守る治療

笑気吸入鎮静とは、笑気ガスを吸入することで治療中の痛みを感じにくくさせる方法です。

笑気ガスには、不安や緊張を和らげて精神的にも肉体的にもリラックスした状態にする効果もありますので、歯科が怖くて苦手という方でも治療がスムーズに行えるというメリットがあります。

ゴム製のマスクで笑気ガス吸うだけで簡単に鎮静効果を得ることができますが、意識ははっきりとしていて、吸入をやめればすぐに元にもどります。

レーザー治療同様、副作用もほとんどございませんので小さなお子様でも安心して治療を受けて頂くことが可能です。

「歯科医院がどうしても怖くて治療が受けられない。」
「子供が暴れてしまって歯科治療ができない。」
「嘔吐反射が強くて歯科治療が受けられない」

といった悩みをお持ちの方でも、笑気ガスの適用により快適に治療を受けて頂くことが可能ですので、是非お気軽にご相談下さい。

 

投稿日:2019/25/02 更新日:

  • 青柳歯科

    AOYAGI DENTAL
    武蔵小山で歯医者として60年以上

    青柳歯科

    〒142-0062
    東京都品川区小山4-3-1
    青柳ビル2階
    03-3781-0516

    東急目黒線
    武蔵小山駅から徒歩1分

    診療時間
    9:00~13:00 × ×
    14:30~18:00 × ×

    ※祝祭日のある週は木曜も診察しております。

お電話でのお問い合わせ