予防歯科

予防歯科

一生涯、虫歯や歯周病のないキレイな口腔内を維持し、いつまでも笑顔で美味しく食事を楽しむためには、何よりも日々のお手入れ・予防ケアが大切です。

毎日のケアでしっかりと汚れを取りきることができたら、歯科医院に通う回数もぐんッと減らすことができるのです。

とはいえ、ご自身で完璧なブラッシングを行うことはなかなか容易な事ではありません。

そこで当院では、患者さま専門の担当衛生士が、患者さまお一人お一人の磨き癖などはもちろんのこと、生活環境や食生活なども考慮しながら、その変化に合わせて柔軟に対応できるようブラッシング指導を行っております。

 

【担当衛生士制】患者さまと2人3脚で取り組む予防歯科

予防歯科

当院では、経験を積んだ歯科衛生士が一人の患者さまをずっと担当する「担当衛生士制」を採用しております。

予防歯科における担当衛生士制のメリットは、初診時より患者さまのお口の中の状態を確認しながら処置を行っておりますので、状態の変化に気づきやすく、いち早く効果的なアドバイスや適切な処置を行うことができるということ。

また、そういった変化が口腔内に現れた時は、生活環境や食生活などに何かしらの変化があることがほとんどですので、プライバシーに差し支えない範囲で、できる限りどういった変化が起こったのかをヒアリングするようにしております。

例えば、ご高齢の方の口腔内の状態が急に悪くなってしまった場合、一番に考えられる原因は「唾液量の低下」です。

ここで注意したいのが、唾液量が低下するとお口が乾くので、高齢者の方は特にお友達同士「飴交換」をしたりする方もとても多いのですが、そうするとさらにその飴に含まれる糖分が歯を悪くしてしまい、さらに悪循環に陥ってしますのです。

こういった悪循環を防ぐためにも、担当衛生士があなたのお口の中の状態をしっかり記録しながら管理していきます。

 

その人に合った歯ブラシをアドバイス

予防歯科

皆さん、「自分自身に合った歯ブラシ」というものを把握されていらっしゃいますでしょうか?

現在ではさまざまなメーカーから色々な種類の歯ブラシは発売されていますので、どの歯ブラシを選べばいいか迷っていらっしゃる方も多いかと思います。

また、たとえご自身の好みの歯ブラシを見つけたとしても、それが決して「ご自身に合った歯ブラシ」とは限らないのです。

例えば、患者さまの体質によって「虫歯になりやすい人」もしますし、「歯周病になりやすい人」もいますが、虫歯になりやすい人と歯周病になりやすい人では選ぶべき歯ブラシのタイプが違ってきます。

またヘッドの大きさも、お口に合っていないものを使用してしまうとどうしても磨き残しが生じるようになってしまいます。

あなたの場合、どういったタイプの歯ブラシを選べばよいのか。あなたのお口の中の状況をしっかりと把握た担当衛生士が適切なアドバイスをいたしますので、是非お気軽にご相談下さい。

 

8020達成者続出中!「青柳歯科式ブラッシング法」

「青柳歯科式ブラッシング法」とは、当院院長が、患者さまがなるべく少ない負担で効果的に歯ブラシができるよう編み出したブラッシング法です。

しっかりと磨くのは、夜1回のみ。毎食後ゴシゴシと歯を磨く必要はありません。慣れてくれば、お茶の間やリビングでテレビを見ながらだってOKです。

しっかりマスターして、笑顔で美味しく、8020を目指しましょう!!

 

青柳歯科式ブラッシング法で使用する歯ブラシ

予防歯科 ・「歯周病予防用の歯ブ ラシ」を選びましょう。

歯周病予防の歯ブラシと、虫歯予防の歯ブラシでは「毛先の形」が違います。
歯周病予防用の歯ブラシは毛先が細くなっていてポケットの中に入り込むようになっています。

 

歯磨き粉について

予防歯科

青柳式ブラッシング法では、歯磨き粉は使用しません。

歯磨き粉にはミントが入っているものが多いですが、このミントのせいでしっかり磨けていないにもかかわらず、スッキリと磨けたような気になってしまうのです。

また、歯磨き粉を使用すると歯がマヒしてしまうため、磨き終わった後のチェックがあいまいになってしまうからです。

その他、泡のせいですぐに吐き出したくなってしまったり、研磨剤のせいで知覚過敏を起こしてしまう可能性もありますので、当ブラッシング法では歯磨き粉なしでのブラッシングを推奨しております。

もしも歯磨き粉を使わないと気持ちが悪いという場合は、青柳式ブラッシングでのブラッシングが終わった後、虫歯予防用の歯ブラシに少しだけ付けてお口の中に行きわららせるようにしてください。

 

ブラッシングの仕方

【step1】一番奥の歯をスタート地点と決めましょう。

予防歯科

一番奥であれば、左右上下どこからはじめても結構です。

 

【step2】歯ブラシを歯にあててみましょう。

毛先の角度は、歯と歯茎の間に入り込むような角度。歯に対して、だいたい45度ぐらいの角度になります。

予防歯科

 

【step3】歯ブラシを動かして歯を磨こう

予防歯科

歯ブラシの振動はごく小さく。毛先が動いているか動いていないかわからないぐらいの小さな振動で、1か所につき20回程度横振動させます。

この時に大きくブラシを動かしてしまうと、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間の汚れのたまりやすい部分に毛先が届かずに磨き残してしまうので注意してください。

歯1本につき20回振動させたら次の歯に移り、同じように20回振動させます。一本ずつ丁寧に順番に全体を磨いていきます。

右利きの人は柄を持ち替えた時に右の犬歯付近を飛ばしてしまうことが多いので、絵を持ち替えた時はもう一度その場所を磨くようにすると磨きの腰をなくすことができます

前歯の入り組んだ部分は隙間が狭いためブラシの先が届きにくいことがあります。この部分はブラシを縦にするなど工夫して磨きましょう。

 

【step3】一番後ろの歯の奥の面を磨こう

予防歯科

一番後ろの歯の奥の面はブラシが届きにくく汚れがたまりがち。

歯ブラシだけでは届かないような部分がある場合は、ワンタフトなどの補助的なブラシを使って磨きましょう。

 

【step4】ご自身の「舌」で仕上がりをチェックしてみよう

磨き終わったら、舌で歯の面全体(上下左右、唇、頬、舌側、一番奥の歯の奥の面など)をなぞってみてください。すべてツルツルになっていればきれいに磨けている証拠です!

もしもザラザラしている部分が残っていたらもう一度その部分を磨いてみましょう。

 

この磨き方で磨くのは、夜寝る前が理想的です。

予防歯科

寝ているときは、食べたりしゃべったりしないので唾液の流れが悪く、ばい菌が倍に倍にと増えていってしまいます。

しかしこのブラッシングで寝る前のばい菌の量を少なくしておけば、起きた時のお口の中のばい菌の量も少なく抑えることができるため、ネバネバした感じがほとんどなくなります。

これは、前の晩しっかりと磨けたかどうかのチェックにもなりますので、ぜひ試してみて頂ければと思います。

 

当院でのクリーニングメニュー

保険制度でのクリーニングについてのお知らせ

4月からの保険制度の改正でより一層保険でできることに制限が出てきました。
今まで検診の最後に「ブラシによる歯の研磨」をしておりましたが、もともと保険にはなく完全に「当院のサービス」で行って参りましたが、この4月から制度が厳しくなると同時に大変申し訳ないのですが「研磨」はできなくなります。

保険でのクリーニングは歯周病の治療という観点から歯周病検査(ポケットの測定など)をやった上で歯周病という病名をつけ、ポケット内のクリーニングをやらざるおえません。
また基本的な歯周検査は初診日にしかできないため、新たに初診になる2ヶ月を待って、検査、クリーニングを行わざるおえません。

しかしながら患者様からは「歯に付いた茶渋をとって欲しい」「2ヶ月に1回では不安」「毎回ポケットを測るのは痛いからいや」などのお声を多数頂いたため保険外のクリーニングのメニューをいくつかご用意いたしました。
ご自身にあったクリーニングをお選び頂きお口の健康と、それに伴うお身体の健康維持にお役立て頂ければ幸いです。

 

ウイークリーブラッシング(15~20分)税込み1620円

日々のご自身のブラッシングだけではどうしても磨ききれず腫れたり痛む部分のある方におすすめです。
腫れやすい部分を中心にシステマ、ワンタフト、歯間ブラシを使って週に1回の割合でブラッシングをして参ります

 

マンスリーブラッシング(約30分)税込み3780円

「2ヶ月に1回では不安」
「ちゃんと自分のブラッシングで磨きが行き届いているのかチェックして欲しい」

そんな方におすすめなのが、このウイークリーブラッシングです。
システマ、ワンタフト、歯間ブラシを使ってお口の中全体を月に1回の割合でチェックとブラッシングをして参ります。

 

プレミアムケア(約60分)税込み8640円

まずは全体のブラッシングから始め、超音波スケーラーを使い茶渋や歯石を取っていきます。
その後、2段階のクリーニングペーストを使い研磨していきます。お口の中隅々まで約1時間を掛けてクリーニングをしていきます。
なお、ブラッシングではその場で開封したシステマを使用し使用後はお持ち帰り頂きます。

【今だけ限定】プレミアムケア初回半額キャンペーン

プレミアムプロフェッショナルケアを初めてなさる方に限り半額の4000円(税込み4320円)で施術いたします。どうぞ、お気軽にお試し下さい。

投稿日:2019/20/02 更新日:

  • 青柳歯科

    AOYAGI DENTAL
    武蔵小山で歯医者として60年以上

    青柳歯科

    〒142-0062
    東京都品川区小山4-3-1
    青柳ビル2階
    03-3781-0516

    東急目黒線
    武蔵小山駅から徒歩1分

    診療時間
    9:00~13:00 × ×
    14:30~18:00 × ×

    ※祝祭日のある週は木曜も診察しております。

お電話でのお問い合わせ