入れ歯

たとえ保険内の入れ歯でも、とことん丁寧に

入れ歯

「最近、入れ歯が合わなくなってきてしまって痛い」
「食事の時やおしゃべりをしている時に、入れ歯が浮いたり外れたりするので困っている」

現在お使いの入れ歯について、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?当院にも、入れ歯に関するお悩みやご相談は非常に多く寄せられます。

多くの方は、保険だからしょうがない、入れ歯だからしょうがない、と諦めてしまっているようですが、たとえ保険治療内で制作した入れ歯でも、しっかりと丁寧に調整することで、噛める、外れない、痛くない入れ歯を作製することは、可能なのです。

ですが、現在の保険制度では入れ歯治療の報酬点数が非常に低く設定されているため、多くの歯科医院では保険適用の入れ歯には手間と時間をかけられない環境にあるのが現状。丁寧に調整してすればするほど、歯科医院は赤字になってしまうのです。

当院では、仮に経営的にコストが合わなかったとしても、患者様の「美味しく食べられる!」のために、手間と時間をかけた丁寧な入れ歯作りと調整を行なっております。

当院で入れ歯を入れられた患者さまのほとんどの方は大変満足して頂き、長く通いって頂いています。

私自身が生まれ育った街、武蔵小山の地域に根差した医療をしていくためにも、今後も患者さまの満足度を最優先に医療を提供したいと考えております。

 

【入れ歯の調整も致します】痛い・合わない入れ歯、持ってきてください。

入れ歯

入れ歯が合わなくなってしまったのだけど、他医院で作った入れ歯でも調整してくれるのかしら?

こんな心配をされている患者さまも多くいらっしゃると思います。

ご安心ください。他の医院で作製した入れ歯でも、当院で調整して患者さまのお口に合った使いやすい入れ歯にすることは可能です。縁が当たって痛い。プカプカ浮いてしまう。違和感がある、などのお悩みがある場合は、まずはお使いの入れ歯を持ってきてください。

また、年齢を重ねると歯茎が徐々に痩せていったり、入れ歯に使用している人工の歯がすり減ってしまうなど、どうしても入れ歯が合わなくなってしまいます。

最初はピッタリと合っていた入れ歯も2〜3年で合わなくなってしまうこともあります。その際も調整することでまた使えるようなります。「入れ歯だからお手入れの必要はない」というのは大間違いで、入れ歯だからこそ残っている歯と入れ歯の定期的なメンテナンスをして快適に使用して頂きたいと思っております。

 

審美性や耐久性にもこだわる方へ 当院の入れ歯メニュー

コーヌステレスコープデンチャー

入れ歯

コーヌステレスコープデンチャーは、内冠を自分の歯にかぶせ、入れ歯側に内冠に適合する外冠を装着し、内冠に外冠をぴったりとはめ込むことで固定する構造を用いた入れ歯です。

構造の原理としては、「茶筒と蓋」をイメージしていただくと解りやすいかもしれません。内冠と外冠の間が真空状態になるため、入れ歯が浮きつらく、食事中もしっかりと固定されて噛みごごちが格段に良くなります。

基本的には残っている歯を数本使って入れ歯を支える作りになっていますので、歯をしっかりと固定することができ、歯周病の患者さまにも有効です。

ただし、支えとなる歯に神経のない歯を使用すると割れてしまうこともあるため、比較的残っている歯の状態が良い場合に適用されます。

 

ノンクラスプデンチャー

入れ歯

ノンクラスプデンチャーとは、部分入れ歯において、外側から見た際に金属のバネ(止め具)が見えない入れ歯のことを言います。

通常、保険適用の入れ歯の場合、特に臼歯の部分など、前歯に近い歯のケースでは、会話のときや笑ったときに金具が見えてしまい、審美的な問題を起こしてしまうことが多々ありました。

ノンクラスプデンチャーの場合、金属製の金具の代わりに、歯茎の色に近い樹脂で入れ歯を固定しますので、目立ちにくく審美性に優れています。

比較的年代の若い方、入れ歯がと気づかれたくない方にはおススメの治療法です。

 

金属床

入れ歯

金属床義歯とは、入れ歯の土台となる部分を金属で作製した入れ歯のことを言います。

保険適用の義歯は、床の部分がレジンというプラスティックでできているため、どうしても壊れやすかったり、厚みがあって違和感を感じやすいという問題もありました。

ですが、金属床義歯の場合、金属という高い強度・耐久性を持った金属を使用しますので、壊れにくいという事はもちろん、非常に薄く作ることが可能となり、装着時の違和感も軽減することができます。

また、金属は熱伝導性に優れた素材であるため、食べものの温度を感じやすく、食事を美味しく味わえるというメリットもあります。

写真の入れ歯は上の歯の総入れ歯ですが、総入れ歯だけでなく、ご自身の歯が数本残っている場合にも金属床有効です。入れ歯のベースになっている部分と歯に掛かるバネが金属でできているため、プラスティックでできている保険の物と違い、強い噛む力が掛かっても入れ歯自体が歪まず、残っている歯、特に入れ歯の支えになっているバネの掛かっている歯を揺らさず、歯を守る上でとても有効です。

 

投稿日:2019/19/02 更新日:

  • 青柳歯科

    AOYAGI DENTAL
    武蔵小山で歯医者として60年以上

    青柳歯科

    〒142-0062
    東京都品川区小山4-3-1
    青柳ビル2階
    03-3781-0516

    東急目黒線
    武蔵小山駅から徒歩1分

    診療時間
    9:00~13:00 × ×
    14:30~18:00 × ×

    ※祝祭日のある週は木曜も診察しております。

お電話でのご予約・お問い合わせ